充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

えじそん

【 失敗と一時的な敗北から成功への教訓を学ぶ 】


 『普通の人なら最初の失敗でやめてしまったでしょう。
  だから普通の人はたくさんいても、
  エジソンはたった一人しかいないのです。』

 トーマス・エジソン [訳注] は、「チャンスがドアをノックしてもほ
 とんどの人が気づかないのは、チャンスがたいてい作業服を着ていて、
 骨の折れる仕事のように見えるからだ」と言っています。

 エジソンは、どんなものでも、価値のあるものはそう簡単にはやって
 来ない、ということを知っていたのです。もし簡単だったら、誰にで
 もできてしまいます。普通の人であれば、この辺でやめるのが当然で
 合理的だろうと思うところよりも、はるかに先のところまでやり通し
 たからこそ、エジソンは当時の学識者ですら不可能だと考えていた、
 発明を生み出すことができたのです。

 知識の大きな進歩は、一つの問題の解決策を探すのに熱心な取り組み
 をする人たちによって達成されます。インスピレーションのひらめき
 だけでは成功できません。それに、決然とした根気強い行動が伴わな
 ければならないのです。


 [訳注]トーマス・エジソン (1847-1931)
 アメリカの発明家。オハイオ州ミランの生まれ。
 学校にはほとんど行かず、鉄道の新聞売り子となり、駅で電信技術を
 習った。印刷電信機、蓄音機、白熱電灯などを発明する。活動写真を
 蓄音機と結びつけて『キネトフォン』を考案。
 それがトーキー映画(有声映画)の先駆となった。