充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

みんな違ってみんな良い

 人の意見や考え方や何かのやり方や習慣などが、気に入らない/嫌い/理解できない/許せないなどと思い、イヤな気もちになってしまうことがあります。


 人に対してイライラしやすかったり、人の好き嫌いが激しい人は、「人は人(でいい)」と思えないからではないでしょうか。

 たとえば、「人には人の意見がある、自分には自分の意見がある、違ってもいい」のではないでしょうか。


 人に違いがあるのは当たり前です。
 何かのやり方の違い、考え方の違い、習慣の違い、価値観の違い、生き方の違い、・・・。


 違いがあるからと言って、イヤな気もちになっていたらキリがありません。


 個性の違いを認められることが大切なのだと思います。

 人の個性を尊重できると、自分の個性も尊重できるのではないでしょうか。

 弱い所・苦手なことがある人を受け入れられれば、自分に弱い所や苦手があっても受け入れられるでしょう。

 たとえば、人づきあいがうまくない人がいてもいいと思えれば、自分が無口で人見知りでもいいと思えるでしょう。要領が悪い人がいてもいいと思えるようになると、自分が要領が悪いことがあってもいいのではないかと思えます。


 誰でも自分を否定されたりバカにされたくはありません。

 

 自分(の気もちや考えや・・・や存在、すべて)を尊重してほしいのです。

 

 人の個性を尊重できるようになれたら、と思います。