充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

夢や目標を見つける方法

「夢がない」
「なにをやればいいかわからない」
「やりたいことってなんだろう」
「やりたいことがない私はどうすれば、、、」

という人も多いのではないでしょうか。


そんな若者が増えているそうです。



物には満ち足りている、
なんでも自由に選べる時代、

だからこそ、より悩んでしまうのですね。


ここでは、

<夢を探す上での基準、方針>



<夢を探すための方法>


をご紹介します。


まず、<夢を探す上での基準、方針>です。

■「好き」を重視する

「好き」という感情を重視してみてはどうでしょうか。
頭で考えるよりも、感覚で選んだほうが、やりたい気持ちに忠実ではないでしょうか。

自分の好きなものに、「関わること」をやりたいことにすればいいのです。
自分の好きなものを大切にして、関わる回数と時間を増やしていけばいいのです。
好きなものなら、はじめから、楽しむことが出来るでしょう。
また、「好きなことを出来ている」と自覚するのは、幸せなことでもあります。

具体的には
・どんな物・事が好きなのか? 家・車・雑貨・つくる事・売る事・買う事
・仕事としてか、趣味としてか
・自分ひとりでやるか、誰かと一緒にやるか、誰かの助手的なことか

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、「上手になればなるほど好きになる」ということもあると思います。
また、上手になればそれだけ楽しめるようにもなります。
上手になれば、その先にさらに大きなやりたいことが出てくるかもしれません。
逆の考え方をすれば、自分の「得意なこと」は自分の好きなことではないでしょうか。




そして、
<夢を見つけるための方法>です。
主に2つの行動が必要です。

①サンプルを増やす
夢が見つからない理由は、夢のサンプルが少ないからです。

たとえば、
寿司を見たことがない人が、
いきなり「いくらとエンガワが食べたい!」なんで思わないです。
なぜなら、いくらとエンガワの存在を知らないから。
(私はいくらとエンガワが好きです。めっちゃうまいです。)


寿司と同じように、夢も同じです。
世の中にはたくさんの”仕事”や”状況”が存在します。
あなたにとってめっちゃかっこいい、めっちゃ楽しそう、めっちゃ面白そう、めっちゃやりがいありそうな世界がこの世にたくさんあります。

今はインターネットがあり、ネットや動画で様々な世界を見れます。
いろんな世界を見てください。

夢の仕事であれば
・消防士
プログラマ
・社長
・投資家
・漁師
・弁護士
などなど

夢の状況であれば
・神秘的な自然環境の映像
・タイの屋台村
・ラスベガス
・ドイツのビール祭り
などなど

このように
夢の候補を5個、ピックアップして見てください。

きっとこの世界のどこかにあなたの夢は存在しますから。


②やってみる(体験してみる)
①でピックアップした夢候補を実際に体験してみることで夢が明確になります。

逆に、体験してみない限り自分にとって合うか合わないかはわかりません。

なので、とりあえずやってみましょう。

”仕事”ならとりあえず働いてみましょう。

”状況”ならとりあえず現地に行ってみましょう。

やってみて合わなければやめればいいだけです。また次の夢を体験しに行きましょう。

やってみて、「これだ!!!」となった場合、それがあなたの夢です。



「これだ!!!」が来る日まで、夢を探し続けてみてください。


夢を探すことに1年、3年、いや10年かけても決して損ではありません。

夢を見つけたあとの 人生の充実 を考えれば全く損ではありません。

めちゃくちゃお得です。

ぜひ夢の候補を体験してみてください。


まとめると、
<夢や目標を見つける方法>は

■「好き」を重視し
①サンプルを増やし
②やってみる(体験してみる)

です。

以上、長文読んでいただきありがとうございました。