充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

チャンスがなかったとブツブツ言うような人は、きっと冒険するだけの勇気がなかった

トーマス・エジソン[訳注1]は、
 「チャンスは、たいていカバーオール(※つなぎの作業服)に
 すっぽりと身を包んでやってくるので、多くの人が苦労は見えても、
 チャンスには気づかないのだ。」
 と述べています。チャンスを活かすには、たいてい大変な“努力”と、
 結果を気にせず思い切って挑戦する“やる気”が必要です。

 未知のものすべてとともにチャンスを受け入れるか、
 さもなければチャンスに背を向けるか、いずれあなたはそのような局
 面にぶつかります。そして、あなたがいつその局面にたどり着くかは
 誰も教えてはくれません。

 行動を起こすタイミング、
 勇気を奮い立たせてチャンスを掴むタイミング、

 それはあなたが独りで見極めるのです。


 [訳注1]トーマス・エジソン(1847-1931)
 アメリカの発明家。オハイオ州ミランに生まれ、学校にはほとんど行
 かず、鉄道の新聞売り子となり、駅で電信技術を習った。印刷電信機、
 蓄音機、白熱電灯などを発明する。