充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

望んでいないことではなく、人生で望んでいるものに心を向けるようにしましょう。

私たちは心の内側の働きを探り始めたところですが、
 思考が及ぼす影響についてはずっと前から気がついていました。

 「的の中心を射抜く」ことではなく、「的を外さないようにしよう」
 という考えに集中してしまうと、たいてい悲惨な結果を招きます。
 消極的思考で、積極的な結果を期待することは不可能だからです。
 パットを外さないように、考えてプレーするゴルファーや、ストライ
 クを外さないように考えてプレーするボウラーなどが、よい例です。

 明確で具体的な目標を必ず持ちましょう。
 「たくさん金もうけしたい」「出世したい」などといったことは、
 単なる願いであって、目標ではありません。いつまでに、どのぐらい
 の金額を稼ぎたいのか、また、具体的にどのような地位に昇進したい
 のか、そしてそこに到達するための方法、実現させたいと思っている
 時期を明確にしましょう。

 カールソン・カンパニーズ社の会長、カート・カールソン[訳注1]
 は、「障害とは、目標から目を離した時に見える恐ろしいものだ」と
 言っています。

 [訳注1]カート・カールソン(1914-1999)
 米国ミネソタ州生まれ。140以上の国において様々な産業に携わる
 54のファミリー会社を擁するカールソン・カンパニーズ社の創始者。