充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

「明日やろう」は馬鹿野郎

成長
『一日延ばしの癖は、一昨日するべきだったことを
  明後日にまで引き延ばしてしまうという悪い習慣です。』


 成功を目指す者にとって最も危険で有害な習慣は、
 恐らく“一日延ばしの癖”です。
 なぜなら、あなたのイニシアティヴを奪い取ってしまうからです。

 一度何かを引き延ばしてしまったら、再び引き延ばすのは簡単で、
 ついにはその習慣が定着してしまい、逆にその習慣から抜け出すのが
 難しくなってしまいます。
 また悪い事に、引き延ばしの習慣がもたらす悪影響も積み重なってい
 くでしょう。

 この習慣の治療法ははっきりしています。

 行動することです。

 とにかく何かを始めたなら、すぐさま気分が良くなることに、自分で
 も驚くことでしょう。

 かつてイギリスの首相であり、
 作家であったベンジャミン・ディズレーリ[訳注1]はこう述べてい
 ます。「行動が常に幸せをもたらすとは限らないが、行動なくして幸
 せはあり得ない。」


 [訳注1]ベンジャミン・ディズレーリ(1804-1881)
 イギリスの政治家・小説家。ロンドンでユダヤ系商人の子として生ま
 れる。1837年、政界に入り、トーリー党首となった。1852年
 以降、蔵相を3度務める。1874年、首相となりスエズ運河会社の
 株を買収し、ベルリン会議でロシアの南下を阻止するなど帝国主義
 策を推進した。