充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

うそつきな生き物

成長

『人間は正直であるか、
  不正直であるかのどちらかです。その中間はありません』


 詐欺や窃盗事件を扱う警察関係者は、ほんのわずかなお金を盗んで捕
 まる人の多いことに、驚かされると言います。

 ほんのわずかな金額のために、自分自身の正直さを売ってしまう人が
 いるのです。そういう人が、嘘をつくのは、時折あらわれるといった
 類のことではなく、それが生き方となってしまっているのです。

 些細な事柄について嘘を言う人や、わずかな額のお金をごまかす人に
 は、嘘や盗みの習慣が身についてしまいます。

 自分の行動を振り返ってみて、常に正直であったと誇りを持てますか?
 そうでないとしたら、なぜ自分が嘘をついてしまったのかを考えてみ
 ましょう。

 なぜ嘘をついてしまったのでしょうか?
 嘘をつく価値がありましたか? 嘘をつかないで、正直でいた方が
 はるかに良い状況をもたらしたと思いませんか?

 自分自身の過ちから学び、
 今日からはいつも正直に生きると誓いましょう。