充実と怠惰のあいだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実と怠惰のあいだ

怠惰と戦いながら充実を目指すが、やっぱり怠惰つええ。。。

人の振り見てわが身を直す

「三人行けば必ず我が師有り」

孔子が言われる、三人の人が同じ道を行けば、必ずその中に自分の師とすべき者がある。
自分のほかの二人の中の、善なる道を選んで、それを見習うようにし、不善なる者を見れば、自分の中にもあるかもしれない不善を改めるようにする。
このようにすれば、そこに師はきっと得られるものだ。

論語孔子の言葉

自分の利益になる友とは、直(正直な人)、諒(りょう)(誠実で裏表のない人)、多聞(博学多識な人)であり、自分に損になる友とは、便辟(べんべき)(体裁ばかり気にして正直でない人)、善柔(顔色だけにこにこして真実でない人)、便佞(べんねい)(口先だけで実意のない人)であると言う。

理想とする人、目指している人等師と思える人には直接、実際に教えを請う得なくても、その姿、書籍等からも窺(うかが)い知れることが出来る。


また、反面教師という言葉があるように、見習いたくない人、自分自身も「人の振る見てわが身を直す」の諺のように改めて一歩でも師に近づくように振る舞い、考えることが大切である。